夢のマイホームを松本市で考えるなら注文住宅がおすすめ

老夫婦

注文住宅と建売住宅の違いはあるのか?

物件案内

注文住宅は一から建築していく、建売住宅は既に建築済みと言う違いがあります。一から建築していく注文住宅の方が高い自由度を持っています。使用する建材や間取り、屋根の形、色、住宅設備など家族の希望を細かく反映させることが可能です。既に土地を持っている人ならその土地に建築出来ます。持っていない人は土地探しから始めることが必要です。
価格面では建売住宅より高くなることが多いです。建物が完成するまで実物を見ることが出来ません。既に建築済みの建売住宅は注文住宅より自由度は低いです。しかし多くの家族で使いやすいように作られています。規格化されているため注文住宅より価格が安いことが多いです。希望に応じてオプションを付けることが可能ですが、付け過ぎると価格が高くなります。
既に建築済みのため実物の見学が出来ます。ただし住みたいエリアに必ず建売住宅があると言う保証はありません。建売住宅には戸数の少ない小規模分譲地から戸数の多い大規模分譲地までいろいろなタイプがあります。大規模分譲地なら街並みが統一される、公道ながら利用する殆どが住人の方のために安全性が高いなどのメリットがあります。小規模分譲地ならすでに完成された町並みに住むことが出来る、価格の安い物件を見つけやすいなどのメリットがあります。